第6部 戦後の開拓地で(1)補足

2007年05月09日 13:35


「戦後の開拓地で」(1)で、20年ほど前に私の書いたエッセイのことにふれましたが、補足として当時の原稿をそのまま載せてみました。与えられた題は“好きな言葉”、本文は800字(400字詰め原稿用紙2枚)以内。講師の手直しも数カ所あります。


 好きな言葉

 「年年歳歳花相ひ似たり 歳歳年年人同じからず」
 私はこの対句が好きだ。
 教わったのは、学制改革で新制中学校に変わったばかりの時の校長である。
 40年も前になる。
 卒業間近であったせいか、年年歳歳、桜の季節になると、この詩が自然に浮かんでくる。
 その年年歳歳の1本が、近所の家の庭にあった。
 春、黒い板塀越しに咲いた満開の桜が、狭い路地の上を綿帽子のように覆う姿は、それは見事なものだった。
 その桜の木が3年ほど前、姿を消した。切り倒されたのである。
 伝え聞いた話では、近所のだれかが区役所に苦情を申し入れたらしい。
 路上に花びらが散ると汚いというのが理由だ。
 桜の木の持ち主は、泣く泣く役所の指示に従ったという話である。
 これに類した話は時たま耳にする。
 以前、ある女性の建築士が「花は汚い」と言う同僚がいて、がく然としたという話を聞いたことがある。
 花の命は短い。盛りを過ぎた姿は、哀れだし、みすぼらしい。
 花は「美しく、きれいだ」とばかりは限らない。
 それにしても、花びらが散る十日やそこらを辛抱できない住民といい、その苦情を無定見に聞き入れる役人といい、あるがままの自然を許さなくなった社会は、どこかうら寂しい。
 歳歳年年、人の心の変転は激しく常識を超え、価値観を変えて行く。
 冒頭の句が、唐詩『白頭を悲しむ翁に代はる』の一部であることを私が知ったのは、ずっと後のことである。
 また、作者の劉希夷が「年年歳歳」以下の2句を、しゅうとの宋之問に譲らなかったがために殺害された、という伝説があることも知った。
 教室の黒板に、白くチョークで書かれたこの句から響いてくる無常観が、頭の芯から全身にかけてしびれるように伝わってきた感動を、40年経った今も、私は覚えている。
 


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saro109.jp/tb.php/95-04e9aad2
    この記事へのトラックバック


    最新記事