第6部 戦後の開拓地で(1)

2007年05月08日 12:12

 60年ぶりの再会
 
 平成5年10月に開港した広島空港には、これまで4、5回訪れているが、いつも空港ビルの送迎デッキから滑走路や遠景を一望するのが決まったパターンだった。
 今回は違った。
 3人の後輩が案内してくれたのは、空港開設で立ち退きになった元用倉開拓地の記念碑(写真右横)が建立されている展望台だった。
 中学校卒業以来、60年ぶりに再会した3人が私のため、その日の日程に組み入れてくれたのだった。
  ホー ホケキョ ケキョ ケキョ
 春のほどよい陽光を浴びながら、新緑に覆われた静寂な山頂の展望台にたたずむと、聞き覚えのある鴬(うぐいす)ののどかな鳴き声が迎えてくれた。
 60年ほど前の春の昼下がり、掘り起こしたばかりの開墾地に立ち、手を休めていると、近くの林のどこからか聞こえてきた。その昔の鳴き声と少しも変わっていない。
 標高は350?。運転を買ってくれた梶本君によれば、空港全体を見晴らすには、ここが一番だという。(写真中央下)
 私たち4人(写真左下)は当時、この用倉から5?ほど下った北方村に創立されたばかりの新制中学校へ通っていた、いわば同窓生である。
 この開拓地では私が1期生、梶本君と栗栖さんは1級下、旧姓中島さんは2級下だった。
 だが、60年の歳月は容赦をしない。
 彼や彼女が中学生だったころの面影を追い求めるのも容易でなかった。
 それどころか、栗栖さんや中島さんの弟さんをはじめ、私の記憶にある小学生の多くが、すでに鬼籍入りしている。



 「年年歳歳……」、校長の“贈る言葉”

  「年年歳歳花相似 歳歳年年人不同」
 卒業前、校長の最後の授業で黒板に白いチョークで書かかれた、この対句が思い浮かぶ。
 校長は、「年年歳歳 花 相ひ似たり 歳歳年年 人 同じからず」と読み、「年ごとに花は同じ姿で咲くが、それを見る人は年ごとに変わってしまう」と語釈してくれた。
 20年ほど前になるが、その時の感動をエッセイで、次のように書いたことがある。
 「その時、この唐詩の対句から響いてくる無常観が、頭の芯から全身にかけてしびれるように伝わってきた感動を、40年を経た今も覚えている」と。
 講師は講評のあと、「15歳そこそこの中学生で、この詩に無常観を感じるとは……、それまでによほどの人生体験をしている人ではないか」と、やや懐疑的な感想を述べられた。
 私としては、虚飾も誇張もなかったつもりである。
 敗戦後の満州で異状な体験をしてきたことを、講師はもちろん知らない。
 余談だが、この唐詩が劉希夷(りゅう き い)の『代悲白頭翁(白頭を悲しむ翁に代わる)』の中の対句であり、次のような逸話があることを知ったのは、ずいぶん後のことである。
 劉希夷は、この詩を発表するに先立ち、舅(しゅうと)にあたる宋之問(そう し もん)に見せたところ、之問は「年年……」以下の二句をたいそう気に入り、「この句をわしにゆずってくれ」と言い出した。
 希夷はいったん承諾したものの、あとでやはり惜しくなり、結局自作として発表してしまった。
 之問は激怒し、下男に命じて希夷を土嚢(どのう)で圧殺させ、この詩を自作に加えたという。
 この逸話の信憑性は疑わしく、清の沈徳潜(しん とく せん)などは、きっぱりとこれを否定している。
 もっとも、『宋之問集』などには、この詩が宋之問作として収められていることは確かである、と。

 森林治療(?)で肋膜炎は快方へ

 話はそれたが、用倉に連れてこられたばかりのころは、火吹き竹(火をおこすために使う30~40?の竹筒)に息を吹き込むことすらできなかった。
 背中にズキンと痛みが走るのである。
 それが半年ほど経つと、約5?の山道を下って村の学校に通えるまで体が回復した。
 それどころか、登校日に炭俵2表(1表4貫目、約15?)を背負子で背負い、村の農協に下ろしてから学校へ向かうことすらあった。
 用倉山に上がってからは、一度も医者にかかることも薬の世話にもなってもいない。
 「森林治療」という言葉を聞いたことがある。
 最初に入植した場所は、ヒノキ林の真っ只中だった。四六時中、森林浴に浸りながら暮らしていたようなものである。
 それが自然治癒力を高めてくれたのだろうか。
 のちのち、健康診断でレントゲン写真を撮るたびに「肋膜に影がある」と言われたものだが、いつしかそれもなくなっていた。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saro109.jp/tb.php/94-eec22074
    この記事へのトラックバック


    最新記事