第1章 満州国崩壊の序曲(6)

2005年05月26日 12:57

 たった1日だけの自宅通学

 八月十日(金曜日)

 〈敵機上空偵察頻繁、東満侵襲、ソ軍国境突破、綏陽、東安地区侵入ノ報至ル〉

 この日の朝、中学校入学以来、初の自宅通学に弾む心で家を出た。
 久しぶりに満腹感に満たされ、肩からたすき掛けにした雑嚢(ざつのう)は、いつもより重く感じた。
 左右にゆすっても、中身が片寄ることのない母のつくった弁当が入っているからだ。
 おかずは寮の冷凍物の腐ったような魚とヒジキの煮付けとは違う。
 ハルピン方面から牡丹江に向かう浜綏(ヒンスイ)線の運航は平常通りだった。
 海林駅から乗った列車の中も、下車した牡丹江駅の周辺の雰囲気も、いつもと変わらず平穏であった。
 だが、そう感じたのは〝知らぬが仏〟だったせいかもしれない。
 そして、これが中学校入学以来、最初で最後の自宅通学になろうとは。

東満地図

 すでに東満国境では、ソ連軍が綏芬河スイフンガ)を突破し、牡丹江市まで直線距離で100キロ前後の綏陽(スイヨウ)に前日夕刻には侵入していたのだ。

 当時の現地のなまなましい体験を柳田昌男氏が、『ムーリン河 ソ満国境・一等兵の記録』(ミネルヴァ書房)で詳細に記述している。
 著者の柳田氏は満州中央銀行の行員で、すでに30歳を超えた妻帯者だった。だが、昭和19年3月に在満召集され、東満州国境に近い綏陽(スイヨウ)気象班に配属されていた。 同書の一部を抜粋させてもらう。

 8月8日、夕刻前より降っていた雨は雷鳴をまじえ、はげしくなる。
 定時観測の午後10時になったので、露場(気象関係の観測機器の設置場所)に出る。正面図
国境の綏芬河スイフンガ)街の方向に、しきりに雷光がする。
 雷鳴にしては変わった「ドン」という音がきこえ、心なしか空も薄赤く感じられる。
 T兵長に「国境のほうで大砲らしい音がする」と報告したところ、「馬鹿を言うな、雷のまちがいだ」と耳もかしてくれない。
 また屋上にのぼり、国境方面をじっと観望する。まちがいなく大砲の音だとわかる。
 班長のY軍曹は、第五軍司令部と電話で話している。それによると「ソ連軍の攻撃は単なる国境の紛争か、あるいは全面戦争かは意図不明、気象班はしばらく現在地で状況を監視し、その後の動向を逐次報告せよ」
 夜半過ぎ、国境の監視所、鹿鳴台ろくめいだい)観月台かんげつだい)に分遣されている気象班員から「敵の攻撃を受けて応戦中」との連絡があるが、途中電話が切れたので事態がいよいよ急迫してきたことがわかる。独立守備隊
 翌8月9日、午前9時頃、観月台に分遣されていたK伍長が帰って来る。
 「8日夜10時すぎ、不意に敵の砲撃を受けた。味方の火器は軽機関銃と小銃。全員善戦奮闘したが、しだいに敵砲火に圧迫され涙をのんで後退した」と報告。
 敵爆撃機が編隊をなして続々と牡丹江方面へ向かって飛んでいく。高度は千メートルもない。
 爆弾一つ落とすでなく、完全になめきった様子で悠々と飛んでいく。
 綏陽街にはたいした兵力・火力がないことを知っての行動だと思う。

 午後2時ごろ、Y班長より「露場の機器類をいっさい破壊せよ」との命令がでる。
 破壊が終わって班内にもどり休憩しているところへ、本部から連絡将校が飛び込んできて「午後3時に最後のトラックがでる。気象班も、これに乗って牡丹江市へ後退せよ」 すいよう トラックは、一路綏陽駅に向かって進む。
 駅で見た光景は意外な場面である。
 満鉄社旗を中心にして日本人をはじめ満人を含む駅職員約20人ばかりが満鉄社歌を整然と合唱。
終わると、万歳三唱して各人が駅長の指示に従って職場に散っていく。
 駅員に状況をきくと「線路はムーリン地区で爆破されて運航していない。正午ごろ、多数の日本人を乗せて出発した汽車が果たして無事に牡丹江市につくかどうかわからない」と心細いことをいう。
 国境の綏芬河からは早朝1本の汽車が到着したのみで、その後はつかないし、また通信も駄目とのこと。
 将校や班長は日系職員に「もうこうなったらやむを得ない。われわれのトラックで一緒に後退しよう」としきりに勧告しているが、彼らは「任務のためここを死守する」といって頑として聞き入れない。
 私はそこにいた年齢17.8位の少年に「兵隊さんと一緒に牡丹江市に行こう」と話かけたところ赤銅の顔に笑顔を浮かべて「線路が復旧したらまた汽車が通るからそれまでがんばる」と健気な返事をする。
 炊事班の上等兵がこの少年に羊かんを贈ると、彼は礼儀正しく敬礼して、喜んで受け取るその笑顔のあどけなさ、一同思わずニッコリする。
 おりしも機銃の音が、旧司令部の方角でした。
 トラックは直ちに速度を上げて西走する。
 ふと砲声に驚いて振りかえると、敵の戦車が満州中央銀行綏陽支店の前を進んでいる。直線距離にして千メートル。   

すい駅

 (別冊1億人の昭和史 日本植民地史[2]満洲』毎日新聞社)

 

 




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saro109.jp/tb.php/8-0b14b4e8
    この記事へのトラックバック


    最新記事