第1部 運命、それぞれの岐路(6)

2006年06月20日 16:49

  石門子余話

 石門子校の在校生中、親が軍人だったのは石門子憲兵分所長の志田憲兵准尉ただ1人。5年生の娘と1年生の息子がいた。
 ほかは皆民間人で、ほとんど関東軍の御用商人か軍関係の人たちである。
 同級生の川崎さんと4年生男子の松本の親は慰安所の経営者だった。
 不思議なことに、憲兵分所長や本間校長を含め、ほとんどの日本人が高い土塀に囲まれた満人部落に住んでいた。



 家の方角は違っていたが、部落の外から学校に通っていたのはぼくと、川崎、松本の3人だけだった。
 三浦先生の歩兵部隊は、東の小高い山のふもとに兵舎が展開していた。
 南北に流れる幅百?ほどの川をはさんだ西側に、ぼくの住む官舎があった。
 三浦先生は営門の前に架かった木造の橋を渡り、通り道に住むぼくを誘って登校するのが常だった。2人は満人部落の東門から、川崎、松本の両人は西門から登校していた。
 ぼくが石門子を離れる少し前に、大工の息子が5年生で転校してきたが、彼の家も部落の外だった。
 一度、彼の家に連れて行ってもらった記憶があるが、親は留守だったかなにかで、どのような人物だか知らない。
 戦争も末期近くに石門子のような僻地にまで流れ込んで来た大工とは――。
 前掲の石光真清の手記『望郷の歌』(中公文庫)を読んでいると、次のようなくだりがあった。
 日露戦争後、満州に出稼ぎに来て乞食同様の姿になった大工のことである。
 日露戦争後に新聞が毎日のように、若者よ満蒙の天地が待っているとか、志ある日東男子よ! 大陸に理想の天地を拓(ひら)け、と書きたてていたので、ついその気になって(中略)家を売って旅費をつくり、大きな夢を胸に大陸へ渡って来た。
 聞くと見るとは大違いというが、その大工の見た満蒙の天地は、貧乏人と失業者と兵隊と疫病の天地であった。
 「大工だと?」
 「はい、出稼ぎに来ました。お願いします」
 在留の日本人は、これを聞いてふき出した。
 「ばかをいい給(たま)え。この辺の家屋は土を練って四角に固めて煉瓦(れんが)を造り、これを積み重ねて造るんだよ。大工なんて代物(しろもの)は要(い)らねえんだよ」

 その通りなのだ。石門子の陸軍官舎の建物も煉瓦建てである。
 居間は日本式の畳敷きだが、畳の表替えは部隊から畳職人だった兵隊が来て仕事をしていった。
 大工仕事にしても事情は同じだろう。
 辺ぴな国境で大工仕事にありつけるとは、とても思えない。
 あの親子も、日露戦争後に満州まで出稼ぎに来た大工と同じ様な運命をたどっていたのかもしれない。

 余談になるが、5年生の秋、牡丹江から転校した直後のこと。
 隣の机の川崎さんが、
 「うちにはお姉さんが沢山いるの」
 ぼくにそう話しかけてきた。
 奇妙な家庭があるものだと考えていると、
 「うちには兵隊さんたちが大勢遊びに来るの」
 さらにわけが分からなくなった。
 川崎さんは自分の家の紹介をしたつもりなのだろうが、奥手でその方面にうとかったぼくは、ただポカンと聞いていた。
 「けさ、お姉さんたちが、朝ごはんに入っていた大豆をよけて食べていたので、お父さんが贅沢(ぜいたく)だ”! と怒っていた」
 彼女は自分の家での出来事を毎日のように話してくれた。
 さらに、
 「軍事郵便所の人で、お姉さんたちが“大黒さん”と呼んでいる人もよく遊びに来るの」
 その人なら、ぼくにもすぐ見当がついた。
 確かに大黒さんのイメージの独身者がいた。
 じっとしておれない性格のようで、
 ある日の夕方、仕事の終わった郵便所に何かの用事で行ったときだ。
 大黒さんが四角いロボットのような顔をした電話器で、しきりに喋っているのを見かけた。
 話の内容から、交換台に電話をつないで女性の交換手相手に冷やかしているらしい。
 国境の辺ぴな寒村には、これといった飲み屋も娯楽施設もないのだ。
 若い独身者が無聊(ぶりょう)を慰めるとしたら、川崎さんの家のようなところしかないのだろう。
ぼくも牡丹江にいた時のように遊び仲間がおらず、父が取り寄せてくれる講談社の『少年倶楽部』が唯一の楽しみだった。
 それも隔月間となり、ページ数も月ごとに減っていった。
 川崎さんは、家に帰るとお姉さんたちに学校での出来事を逐一話しているようだった。
 お姉さんの中に、三浦先生に興味を持っている人がいるらしく、部隊から持参した弁当のおかずを見せてもらい、そのお姉さんに報告したりしていたようだ。
 
 大人たちは、慰安所のことを“ピー屋”と呼んでいたが、石門子にはピー屋は3軒あり、川崎、松本の両家以外にもう1軒あったようだ。
 大人たちの話を聞くともなしに聞いていると、
 “満ピー”、“朝鮮ピー”“、日本ピー”と民族別にランクづけされ、買うときの値段もこの順に高くなるらしい。
 将校専用の慰安所はまた別で、石門子より北の方の東綏(トウスイ)にあったそうだ。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saro109.jp/tb.php/39-08c5fc8c
    この記事へのトラックバック


    最新記事