第9部 技能者養成所(9)

2008年04月08日 16:06

 実習で学んだ技能は無用の物に

 養成工1年前期の期末試験は、学科のほかに工場実習の実技テストがあった。
60年近く前の記憶で不確かだが、初めてのテストは素材として与えられた鋳物をタガネとヤスリで削り、1辺5?(?)の正方体に仕上げる作業だった。
 各自が仕上げた正6面体の精度を、指導員が角度計やマイクロメーターで計り、誤差が100分の1?以上を超えると、その誤差分が減点された。
 試験は定められた時間内に打ち切られるが、早く仕上げればその短縮分が加点になる。
 わたしは、山で家を建てるときノミやカンナを扱い、手作業の経験があったから、他の生徒より要領はよく、実習の点数は結構よかった方だと思う。
 仕上工の基本として、タガネやヤスリのほかにキサゲ作業や罫書き作業、タガネの焼入れ焼き戻しなど鍛冶屋の真似事も習った。
 ところが皮肉なことに、実習で学んだ仕上工の技能や技術も、卒業後は一度も使う機会がなく無用に終わった。
 その点、機械工の連中は卒業までに、旋盤で歯車を切削できれば一人前というところまで技能をあげていた。
 とはいえ機械工の中でも、前述したように菊池は卒業と同時に、垣内はその1年後に会社を辞めている。
 また、トップで卒業したMは機械工から設計に回された。
(ヤスリかけ『技能ブックス7 手仕上げのベテラン』大河出版、マイクロメーター『機械工学一般』理工学社、旋盤『要説 機械工学(第4版)』理工学社)

国鉄3大怪事件にも無関心

 わたしたちが入社した昭和24年の夏は、国鉄で「下山事件」、「三鷹事件」、「松川事件」と立て続けに怪事件が発生している。
 下山国鉄総裁が同年7月5日に消息を絶ち、翌日未明に轢死体として発見された「下山事件」は、いまだに他殺説と自殺説とに分かれたままだ。
 その3日後の15日に発生した「三鷹事件」は、国鉄中央線三鷹駅で無人電車が車庫から走り出し民家へ突入、6人の市民が死亡、14人が重軽傷を負う。
 8月17日に起こった「松川事件」は、東北本線の青森発上野行きの旅客列車が、松川駅へ向かう途中で脱線転覆、機関士1人と助士2人が死亡、乗客や車掌など10人が負傷した。
 レールの継ぎ目板がはずされ、枕木の犬釘が大量に抜かれていた。明らかに計画的犯行であったとされている。(『昭和 2万日の全記録 占領下の民主主義』講談社より)
 事件の発端は、国鉄当局が国鉄労組に大量の人員整理案を通告してからだ。
7月4日、下山国鉄総裁が「第1次整理は3万7百人」、翌々日の6日には「第2次整理9万人余」を発表。
 最終的には計12万413人が解雇されると知れたから、国鉄労組も騒然となった。(『昭和史 戦後編』半藤一利著、平凡社)
 国鉄だけでなく、この年は常磐炭鉱や東芝などでも人員整理が断行され、共産党員や労働者たちによる労働争議が各地で頻発している。
 そのころのわたしたちは、新聞やラジオなどのニュース源に接する機会がほとんどなく、このような物情騒然とした社会の動きに、まったく無関心だった。
 朝日とか毎日新聞などの大手新聞社も、当時は紙不足でタブロイド版のペラ1枚(1部1円50銭)。
 その新聞を通勤・通学の帰りに駅の売店などで買おうとしても、売り切れていることが多かった。

 国鉄3大事件にも無関心

 ところで、当時のわが社の工場はどうだったか。
 工場見学のときだったからメーデーの前後だったろう。
 ブレーキ工場に入ると、工場内の柱や旋盤の脇に大きな赤旗を掲げ、意気揚々と作業している工員たちの威勢のよさに強烈な印象を受けている。
 ある朝、登校すると廊下に学校の教師たちをアジる戯画がべたべた張られていたのに驚かされたことがある。
 共産党かぶれの3年生たちの仕業だろう。
 体制側の校長が、奴隷の生徒を鎖でつないで支配しているありきたりな図式で、結構うまく描かれているので感心した。
 会社には第1組合と第2組合の2つの労働組合があったが、養成工の間はどちらの組合にも入ることは禁じられていた。
 若気の至りで、3年生の中にそれに反発するものがいてもおかしくない。
 中には、わたしたち1年生に党の機関誌を「買ってくれないか?」とすすめたり、「ワシは第2組合員じゃ」と肩を怒らし、第1組合員に絡んだりするものがいた。
 だが、どちらにしてもしつこくさはなく、共産主義を信奉している先進的な自分を誇示したいだけのようでもあった。
(写真は『昭和 2万日の全記録 第8巻 占領下の民主主義』講談社)



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saro109.jp/tb.php/136-8a63538e
    この記事へのトラックバック


    最新記事