第6部 戦後の開拓地で(7)

2007年06月07日 13:49

 本家は曽祖父の請け判で破産

  請け判(うけはん)。請け人が借金の保証人となって判を押すこと。受け売りである。
 映画監督で脚本家の新藤兼人さんの家は、お人好しの父親が他人の請け判をしたのがきっかけで破産した。
 8歳から13歳ぐらいまでかかって山も田畑も家も屋敷跡も失い、蔵がたったひとつ残って父と母とわたし(新藤兼人)は蔵の中へ追い込まれて暮らした。(『私の履歴書』日本経済新聞07.5.2より)
 新藤さんが一家離散した家は広島県佐伯郡和田(現・広島市佐伯区)。
 くしくも、保証倒れで破産したわたしの本家も同じ広島県で、賀茂郡河内町である。
 祖父の父親、つまりわたしの曽祖父が他人の請け判で、先祖伝来の田地田畑を失ってしまった、と聞いている。
  それでも、古いわらぶき屋根の家と、小さな庭や納屋は失わずにすんでいた。
 長男は大阪へ、次男である祖父は16歳で朝鮮鉄道に応募し、朝鮮へ渡る。
 あとに残された末弟の末次さん(大叔父)が、小作農をして本家を継いでいた。
 大叔父夫婦には一粒種の息子がいたが、太平洋戦争末期に召集され戦死。
 末次さんの妻である大叔母は、リューマチの後遺症で、やせ細った小柄な体を不自由に動かしていた。
 そんな不運が重なっているところへ、敗戦の1カ月後に何の前触れもなく、すでに死亡した次兄の一族郎党8人を、父が京城から引き連れてきたのだ。
(農家と囲炉裏(カマとクドといろり)は岩波写真文庫『日本の民家』)

 さらに清叔父(父の弟)の妻は肺結核の重患で、引き揚げ船に乗るにも担架で運ぶ状態にあり、帰国して1週間後に死亡したという。
当時の日本では肺結核は死亡率第1位の「不治の病」と忌み嫌われていた。
 話題の乏しい農村のことだから、その噂は村中に伝播していったことであろう。
 大叔父は寡黙で温厚篤実、自分の意思や喜怒哀楽を表面に出すことのない人柄だが、胸中深くはどうであったろうか。
 大叔父夫婦にとってはまさに青天の霹靂、疫病神が突如舞い込んで来たようなものだ。
 兄嫁にあたる祖母のキク婆さんはともかく、父や清叔父は兵隊検査で一度立ち寄ったことがあるだけ、2人の叔母や子どもに至っては一面識もないはずだ。
 本家の大叔母は、話題が1人息子の話に及ぶと、いつも、枯れ枝のような細い腕を招き猫のように曲げ、手の甲で涙をこすっていた。
 そして、「出征していくときに戦死することは分かっていたんでしょうよ。生きては帰れないから覚悟するよう、そう言い残して出征していきました」
 人生は皮肉なものである。
 末次さんの兄である祖父の5人の子どもは、父や叔父を含め誰一人太平洋戦争で死んでいない。
 「1人息子は要領が悪いから早く戦死する」
 そんなことを言う人がいる。
 統計的根拠はともかく、わたしは妙に納得できるのである。

(戦友に背負われて…は『図説 アメリカ軍が撮影した占領下の日本』太平洋戦争研究会編、京城宝塚劇場の御招待券は『別冊1億人の昭和史 日本植民地史<1>朝鮮』毎日新聞社)



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saro109.jp/tb.php/101-81744eda
    この記事へのトラックバック


    最新記事