第2章 逃避行そして難民生活へ(3)

2005年11月02日 15:33

  夜間に列車が正面衝突
 ハルピン飛行場で一夜を過ごした翌日、ふたたび避難列車に戻ると列車は牡丹江方面へ逆戻りを始めた。来る時と同様、走ったり停まったりの繰り返しだったが、また海林ハイリンに帰れるのだと勝手な憶測が流れ、全員喜びの色を隠せなかった。
 母は海林を発つとき、軍事郵便所で雇っていたボーイに「家に残っている家財類は、全部持って行っていいよ、と言ってきたけど、あのボーイさん、そのまま家を守っていてくれるかもしれない」と都合のよいことを口にしていた。
 母の頭の中には、家を出た時のままのイメージが残っているのだろう。
 軍郵のボーイさんというのは、ぼくより2、3歳年上の中国人で、色白のどことなく品の良い小孩シャオハイだった。もちろん日本語は話せたし、気もよく利くので所員や奥さんたちの受けもよかったようだ。
 わが家と郵便所は目と鼻の先だったから、ボーイさんは御用聞きをかねてちょくちょく顔を出していた。そこで一度、算数の分数の問題を試してみると簡単に解いたから、小学校程度は出ていたのだろう。シュガ
 夕方、途中の駅に停まるといつ出発するともなく夜を迎えた。貨車の中で寝ていると突然、大音響とともに大きな衝撃が伝わってきた。
 驚いていると、列車の横を、「誰かロシア語の通訳はおらんか! ロシア語の通訳は!」
 大きな叫び声とあわただしい靴音が、貨車のすぐ横を駆け抜けて行った。
しばらく経つと、ぼくたちの乗っていた列車に別の列車がぶつかってきたのだという報せが入った。とは言っても、ぼくたちは真っ暗闇の外の騒ぎを気にしながら貨車の中で落ち着かない一夜を明かすしかなかった。
 翌朝、われわれは列車から降ろされた。
 列車の横を誘導されてぞろぞろ歩いていると、デッキに乗っていたらしい中国人の若い男が、ボロの布包みを一つ抱きかかえたままの状態でデッキの間で押しつぶされ死んでいた。
ちょっと先へ行くともう一人、連結器にでも腰を掛けていたのかその間に挟まれ宙ぶらりんになっている。
 衝突してきた側の列車にも日本軍の部隊が乗っており、そちらの列車では多数の死傷者が出たという。 さらに話に尾ひれがついて、暑さにかまけて有蓋貨車の屋根の上で寝ていた兵隊たちは、衝撃の弾みで転落したが大した怪我もなく助かったと、まことしやかに伝わってきた。
 日本兵の死体は夜明けまでにすべて近くの土中に埋葬したと言う。
その部隊の部隊長は大勢の部下を殺したことの責任をとって割腹自害したというが、こうした情報がどこからともなく流れてきた。

  無警戒なソ軍少年兵 
 乗り換えた列車は横枠のない貨車だった。見張りのソ連軍の少年兵は、貨車の後方で後ろ向きに座り、両足は貨車の外にだらりと垂らしていた。
ソ連兵 少年兵の手にしている鉄砲は、旧式の銃身の長いやつだった。ソ連軍も銃が不足したいたのか、少年兵はマンドリン型の自動小銃は持たしてもらえないのか。
 貨車の上の集団は婦女子だけにしても、あまりにも無防備、無警戒な少年兵の心理を疑った。誰かがちょっと少年兵の背中を後ろから突けば、間違いなく列車から転落するだろう。
 乗っているのは敗戦国民で、しかも婦女子のみだからと高をくくっているのだろうか。
(『画報 現代史①日本近代史研究会編』日本図書センター)

 一面坡に近い珠河街に着くと、同行していた部隊は武装解除され、兵隊たちはそのままウラジオストック経由で日本に帰還するとことになった。
 軍事郵便所で顔なじみの上等兵が、「奥さん、お先に失礼します。日本に帰ったらまたお会いしましょう」 喜色満面で挨拶に来た。母たちは、兵隊たちだけがなぜ先に日本に返されるのか、狐につままれたような顔で別れの挨拶を交わしていた。
冷静に考えれば、軟弱な婦女子のみ残し、頑健な兵士たちを先に日本に帰すのは変ではないか。中には疑念を抱いた兵隊もいたのではなかろう。
 だが、「シベリア抑留」という不吉な予感が頭の隅をよぎったとしても、望ましくない予想は頭の中から遠ざけようとするのが人間の心理かもしれない。
 先の上等兵は、ぼくたちより1日後に海林を出たとかで、話によると海林軍事郵便所の建物は、ソ連機の爆撃を受けたが不発弾で天井が突き破られただけですんだそうだ。
 また、中国人の暴徒が空き家になったわが家に向かって略奪に押しかけてきたが、機関銃による威嚇射撃で追い払ったという。
 ソ連政府が日本軍捕虜のシベリア移送を決定し、現地に命令が下ったのは8月23日とされるから、敗戦後1週間ほど経っていたのだろう。
 珠河街で降ろされた婦女子の一団は、駅近くにある元日本軍の兵舎跡に収容された。
 今後、自分たちがどのような運命に出会うか皆目検討がつかない。すべてはソ連軍の指示待ちだった。
明細
(『シベリアの挽歌 全抑協会長の手記』斎藤六郎著)



最新記事