第1章 満州国崩壊の序曲(1)

2005年05月03日 15:42

  寝耳に水、ソ連軍の満洲侵攻

  昭和20年(1945年)8月9日(木曜日) 
〈ソ連参戦侵襲ニヨリ、午前1時50分東満地区ニ空襲警報発令サル〉*¹
starin.jpg
 「おーい! ソ連と戦争が始まったぞ!」
 興奮した声を発して4年生の一人が、ぼくたち1年生の寝室に駆け込んで来た。
 〝寝耳に水〟〝青天の霹靂〟とはまさにこのこと。
 なにはともあれ緊急事態の発生だ!
 ぼくたちは寝ぼけまなこのまま、簡易ベッドの上ではね起きた。
 ソ連軍満州侵攻を伝えに来た先輩は、そのまま入り口近くの1年生のベッドにどっかと腰を下ろした。  室内に20名ほどいた1年生は、いっせいに先輩の陣取ったベッドの周りを取り囲んだ。
 眠気はすっかり吹き飛んでいた。
5時50分の起床時間までには、まだかなりの時間があったが、満州の夏は朝が早い。
 仮の宿舎になっていた元営林局庁舎の2階の室は、隅まで薄っすらと明けていた。
 ぼくたちの寄宿舎だった星輝せいき寮は、時局の要請で陸軍病院に提供され、ほんの1週間ほど前、ここに転居して間がなかった。
〝日ソ不可侵条約〟の有効期間は、あと1年残っていると、入寮したばかりの4月はじめに聞いたばかりである。
 これは一体どういうことなのだ?
 一瞬、頭の中が混乱する。
 「家の方は大丈夫かなあ?」
 だれかが心配そうに口にした。  国境方面から来ている生徒の脳裏を、不安がかすめたようだ。
 例年なら夏休みに入り、それぞれ国境の家に帰省しているところである。
 この年は最上級生の4年生は機甲班の20数人を残して飛行機工場へ、2、3年生は開拓団へ勤労動員で出動していた。
 そのため1年生も夏休みは返上となっていた。    
 ぼくたちの中学校は、昭和17年4月、満州東部の牡丹江市に創立された全寮制の中学校である。
転勤・転属の多い関東軍に勤務する軍人、軍属の子弟のために寄宿舎が設けられていた。 
 こうした事情から、黒河(コッカ)孫呉(ソンゴ)桂木斯(ヂャムス)勃利ボツリ東安トウアン綏芬河スイフンガ)東寧トウネイなど満洲東部の国境付近からの在校生が大勢いた。
(上図は『[写説]満州』編者・太平洋戦争研究会、発行・ビジネス社)

*¹『ソ連参戦侵襲 戦争終結ニ伴フ 本校措置報告書』 星輝(せいき)中学校教頭 今江勇也(昭和20年9月10日)作成より。以下、〈 〉内のカナ混じり文は同報告書による。

 

sensya.jpg 

(『[図説]満州帝国 太平洋戦争研究会=著』河出書房新書



最新記事